交通事故損害賠償請求TOP > 用語集 > 使用者責任

使用者責任

使用者責任とは、ある事業のために他人を使用する者(使用者)が、被用者がその事業の執行について第三者に損害を加えた場合にそれを賠償する責任のことを言います。使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは免責される(民法第715条第1項)ので責任の性質は中間責任ですが、判例では免責を容易に認めていないので実質的には無過失責任に近い責任です。なお、使用者に代わって事業を監督する者も使用者としての責任を負うとされています(715条第2項)。

死亡事故 人損事故 物損事故