交通事故損害賠償請求TOP > 用語集 > 心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害またはPTSDとは、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起こす疾患のことです。
心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意だが、日本では心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれています。
交通事故の裁判でも、個別具体的な事情によって後遺症と認めたりするケースもあります。

死亡事故 人損事故 物損事故