交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通物損事故2

交通物損事故2

交通事故、特に物損事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成10年9月9日判決(交通民集31巻5号 1390頁)
路外から道路に左折進入しようとした清掃車(A車)とその清掃車が進入した車線に車線変更をしてきた大型貨物自動車(B車)が衝突

B車側→A車側に対する請求
車両修理費用 2,574,600円
レッカー費用 105,000円
休車損害 50,998円
損害額合計 2,730,598円
過失相殺減額(3割) ▲819,179円
弁護士費用 190,000円
認容額(遅延損害金を除く) 2,101,419円
A車側→B車側に対する請求
車両時価額 1,440,000円
レッカー費用 112,140円
損害額合計 1,552,140円
過失相殺減額(7割) ▲1,086,498円
弁護士費用 50,000円
認容額(遅延損害金を除く) 515,642円
死亡事故 人損事故 物損事故