交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故25(併合3級)

交通人損事故25(併合3級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

神戸地裁平成18年6月16日判決(自保ジャーナルNo.1697 2頁)
43歳女性,歯科医院勤務,休業損害及び後遺障害逸失利益の算定にあたり賃金センサス年齢別平均賃金(約393万円)を使用,脳外傷による高次脳機能障害(併合3級),歩道を走行中の被害車両(自転車)と当該歩道と交差する道路を走行してきた加害車両とが衝突

治療費 1,264,690円
薬代 14,043円
入院雑費 246,000円
付添看護費 2,504,500円
休業損害 3,198,893円
入通院慰謝料 2,500,000円
後遺障害慰謝料 23,000,000円
後遺障害逸失利益 53,027,340円
将来の付添費 31,797,340円
近親者慰謝料 5,000,000円
損害額合計 122,552,806円
過失相殺減額(1割5分) ▲18,382,921円
損害の填補 ▲33,524,660円
確定遅延損害金 8,652,825円
弁護士費用 7,910,000円
認容額(上記以外の遅延損害金を除く) 87,208,050円
死亡事故 人損事故 物損事故