交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故23(3級)

交通人損事故23(3級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

横浜地裁平成21年9月17日判決(自保ジャーナルNo.1813 17頁)
66歳女性,主婦,急性硬膜下出血等により高次脳機能障害及び左片麻痺(3級),商店街において駐車乗用車の開いていたドアに被害車両(自転車)が衝突・転倒  

治療費 3,890,783円
通院交通費 132,587円
付添交通費 200,440円
車椅子費 112,200円
介護用品代 56,869円
リハビリ用具代 14,175円
住宅改造部品代 157,617円
入院雑費 205,500円
付添看護費 5,492,500円
休業損害 8,124,613円
入通院慰謝料 3,030,000円
後遺障害慰謝料 19,900,000円
後遺障害逸失利益 21,511,111円
将来付添費 45,487,030円
被害者夫の慰謝料 500,000円
損害額合計 108,815,425円
過失相殺減額(1割) ▲10,881,543円
損害の填補 ▲27,060,151円
確定遅延損害金 18,185,313円
弁護士費用 9,790,000円
認容額(上記以外の遅延損害金を除く) 98,849,044円
死亡事故 人損事故 物損事故