交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故21(7級)

交通人損事故21(7級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

横浜地裁平成21年9月8日判決(自保ジャーナルNo.1815 95頁)
4歳女性(妹),6歳女性(姉),姉は頭部裂傷,頭部打撲,右前額部挫創及び右前額部瘢痕のより前額部醜状障害(7級)が残存,交差点において叔父の運転する被害車両(普通乗用車)に同乗中,赤信号無視の加害車両(普通乗用車)と衝突

治療費 40,675円
通院付添費 33,000円
入通院慰謝料 280,000円
後遺障害慰謝料 10,000,000円
後遺障害逸失利益 6,915,616円
確定遅延損害金 1,497,460円
損害額合計 18,766,751円
損害の填補 ▲10,687,780円
弁護士費用 800,000円
認容額(上記以外の遅延損害金を除く) 8,878,971円
治療費 71,850円
通院付添費 9,900円
通院慰謝料 28,000円
損害額合計 109,750円
損害の填補 ▲61,610円
弁護士費用 5,000円
認容額(遅延損害金を除く) 53,140円
死亡事故 人損事故 物損事故