交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故18(併合6級)

交通人損事故18(併合6級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

仙台地裁平成20年3月26日判決(自保ジャーナルNo.1734 7頁)
55歳男性,嘱託職員,後遺障害逸失利益の算定にあたり賃金センサス男性全年齢平均の6割(約331万円),労働能力喪失率73%(5級と6級との中間値)を使用,頭骨骨折,脳挫傷及び鎖骨骨折等により高次脳機能障害及び左耳難聴等(併合6級),交差点において直進被害車両(自転車)と右折加害車両(普通乗用自動車)とが衝突

治療費 507,307円
通院交通費 25,840円
入院雑費 27,000円
入通院慰謝料 1,500,000円
後遺障害慰謝料 13,000,000円
後遺障害逸失利益 21,440,978円
損害額合計 36,501,125円
過失相殺減額(1割) ▲3,650,113円
損害の填補 ▲13,731,829円
近親者慰謝料 1,000,000円
弁護士費用 2,100,000円
認容額(遅延損害金を除く) 22,219,183円
死亡事故 人損事故 物損事故