交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故17(併合3級)

交通人損事故17(併合3級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成18年3月29日判決(交通民集39巻2号472頁)
32歳女性,専業主婦,頭部外傷後遺症,高次脳機能障害,意識障害,眼筋機能障害,視野狭窄,右尺骨骨折,顔面骨骨折,左脛骨骨折及びうつ病等(併合3級),交差点において赤信号無視の大型自動二輪車と青信号で発進した普通乗用自動車が衝突し,大型自動二輪車の後部座席に乗っていた被害者が受傷

治療費 1,144,230円
入院雑費 133,500円
付添看護費 4,178,500円
休業損害 7,653,949円
入通院慰謝料 2,500,000円
後遺障害慰謝料 22,000,000円
後遺障害逸失利益 57,676,129円
将来付添費 27,105,046円
損害額合計 122,391,354円
損害の填補 ▲45,524,230円
弁護士費用 7,600,000円
遅延損害金 7,036,965円
認容額(上記以外の遅延損害金を除く) 91,504,089円
死亡事故 人損事故 物損事故