交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故10(14級)

交通人損事故10(14級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成16年2月27日判決(交通民集37巻1号239頁)
31歳男性,会社員,月収約28万円,頸椎捻挫,両膝の疼痛等の神経症状(14級,自賠責非該当),被害者の心因的要因が損害の拡大に寄与したとして素因減額を認定,加害者が乗客を降ろそうとして加害車両(普通乗用自動車)の左後部のドアを開けたところ,加害者車両の左後方から直進してきた被害車両(自転車)と衝突

治療費等 91,046円
通院交通費 191,530円
薬局代 56,200円
サポーター代 51,602円
休業損害 1,517,375円
通院慰謝料 1,820,000円
後遺障害慰謝料 2,500,000円
後遺障害逸失利益 2,388,898円
損害額合計 8,616,651円
素因減額(1割) ▲861,665円
損害の填補 ▲1,382,885円
弁護士費用 630,000円
認容額(遅延損害金を除く) 7,002,101円
死亡事故 人損事故 物損事故