交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故9(併合11級)

交通人損事故9(併合11級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成13年12月18日判決(交通民集34巻6号1624頁)
17歳女性,顔面挫創による醜状障害及び仙骨骨折による骨盤骨変形障害(併合11級),夜間,降雨の中,被害者の運転する原付自転車がハザード等を灯火せずに違法駐車していた加害車両(普通乗用自動車)に衝突・転倒

治療費 223,940円
通院交通費 36,540円
入院雑費 32,500円
装具代 45,520円
入通院慰謝料 1,300,000円
後遺障害慰謝料 5,500,000円
後遺障害逸失利益 8,366,117円
損害額合計 15,504,617円
過失相殺減額(6割5分) ▲10,078,002円
損害の填補 ▲3,277,000円
認容額(遅延損害金を除く) 2,149,615円
死亡事故 人損事故 物損事故