交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故4(併合11級)

交通人損事故4(併合11級)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成18年3月14日判決(交通民集39巻2号326頁)
30歳女性,自営業,年収425万円以上,嗅覚脱失及び精神・神経系統の障害(併合11級),赤色点滅と黄色点滅の交差点において,赤色点滅信号を一時停止せずに直進した被害車両(原付自転車)と黄色点滅信号を時速15km以上の超過で直進した加害車両が衝突

物損 250,000円
治療費 227,270円
通院交通費 39,120円
文書料等 213,310円
休業損害 1,916,700円
入通院慰謝料 1,200,000円
後遺障害逸失利益 10,744,520円
後遺障害慰謝料 4,200,000円
損害額合計 18,790,920円
過失相殺減額(7割) ▲13,153,644円
損害の填補 ▲4,510,000円
弁護士費用 110,000円
認容額(遅延損害金を除く) 1,237,276円
死亡事故 人損事故 物損事故