交通事故損害賠償請求TOP > 裁判例 > 交通人損事故1(1級3号)

交通人損事故1(1級3号)

交通事故、特に人身事故に関する事案の裁判例をご紹介しています。慰謝料などの損害賠償請求項目なども掲載しておりますので、近いケースなどがございましたらご参考になれば幸いです。

東京地裁平成16年6月29日判決(交通民集37巻3号838頁)
27歳男性,大学院生(大手製薬会社に就職内定済),高次脳機能障害(1級3号),加害者の運転する速度超過車両の助手席に同乗中の事故

治療費 282,120円
症状固定前の介護費 6,648,000円
入院雑費 817,500円
通院交通費 2,993,090円
入通院慰謝料 6,000,000円
将来の奨学金 3,600,000円
納入済みの授業料 223,800円
将来の助成金 720,000円
車椅子器具代 18,000円
眼鏡代 105,635円
家屋改造費 11,690,000円
後遺障害逸失利益 150,749,519円
後遺障害慰謝料 30,000,000円
近親者慰謝料 8,000,000円
将来の介護料 107,653,173円
確定遅延損害金 4,479,452円
損害額合計 333,980,289円
損害の填補 ▲30,000,000円
弁護士費用 25,800,000円
認容額(上記以外の遅延損害金を除く) 329,780,289円
死亡事故 人損事故 物損事故